効果のない光目覚ましの特徴

人を含む動物は、光によって眠りから覚醒します。

それでは人の目を覚ますためには一体どのくらいの明るさが必要かご存知でしょうか?

明るさの単位は『ルクス』で表しますが、実は脳を覚醒させるためには2500ルクス以上の照度が必要なのです。

このようなご説明をしても2500ルクスがどのくらいの明るさなのか感覚的にピンときませんよね。

では、お部屋の照明はどのくらいの照度があると思いますか?

実は一般的な蛍光灯などの明かりは約1000ルクス以下しかないのです。

ということは人の目を覚ますには室内照明の明るさの約2.5倍以上の光が必要ですね。

ちなみに窓ごしの朝日の明るさは2500ルクス程度。晴れた日の屋外では20000ルクス以上あります。

最近流行りの光目覚まし時計『Inti4』は、なんとこの日中の屋外と同じくらいの光を放つのです(最高照度時)!

いきなりこの20000ルクスの光を顔に当てるのではなく、自然の太陽光(朝日)のように最初は弱い光から始まり時間経過に伴ってゆっくり光の明るさを強くしていく『サンライズ機能』も搭載されています。

目覚まし時計も日々進化しているものですね。

本当は大きなガラス窓から燦々と降りそそぐ朝の光で目を覚ますのが最も理想的なのですが、陽当たりの良い部屋ばかりだとは限りません。

それに近隣の住居と密接した都心の住宅街ならカーテンを開け放して寝るわけにもいきませんよね。特に女性の場合は覗きやストーカーなどの犯罪被害を招いてしまう危険性があります。

陽当たりの悪い部屋にお住まいの方やカーテンを安易に開けられない状況だという方は、まずは光目覚まし時計『インティ4』のような目覚まし機器を使って起きてみるのも良さそうですね。

朝起きるために大音量の目覚まし時計を使うという人も多いのですが、人間本来の身体のメカニズムに従うと音よりも光のほうがすっきり爽やかに目を覚まさせる効果があるのです。

海外製品は外国人向け

光目覚まし時計は日本より海外のほうが早く注目していましたので海外製品も多く流通しています。

しかし海外の製品はあくまでもその国の人々をマーケティングターゲットとした商品(輸入品)なので、日本人には向かない点も多いのです。

例えばサポート体制の問題。海外製品の光目覚まし時計の説明書はほとんどが英語で書かれています。

そして日本にサポートセンターを置いていない会社もありますので、不具合や質問などがあった時に気軽に連絡することができません。アフターサービスや保証面で不安が残りますね。

次に電圧の問題。輸入品は日本規格に合わせていないので、電圧が合わず使えないということもあります。変圧器を使って無理やり使えるようにすることもできますが、変圧器自体もそう安いものではありません。

商品によっては同梱されているものもあるようですが、そうでなければ別に買わなければいけなくなります。光目覚まし自体の価格にプラスしますと、無駄に高くついてしまいますね。

そして大きさと照度の問題。海外製品を買う人の多くはそのデザイン性の良さに惹かれて購入しています。

しかし海外製品は大きめに作られているものが多く、物をコンパクトに置きたい日本人には不向きかもしれません。

また並行輸入品にはLED光源を使用したものが多く30cm離れた場所では2500ルクスに達しないものもあります。

前項で人を起こすためには2500ルクス以上が必要という話をしましたが、それ未満では起きられるかどうか不安ですね。

やはり餅は餅屋。日本の人が使うには、日本製の人気商品が最も使いやすいでしょう。

前項でも例に挙げましたが、その中でも『インティ4』は代表格の光目覚まし時計です。

『インティ4』はデザイン性で言えばインテリア感覚で飾れるようなオシャレな商品ではないのですが、サイズがコンパクトなので悪目立ちしません。

薄型なので壁掛け仕様にすることもできます。大きく重い光目覚まし時計は置く場所を選びますが、インティ4なら頭の上のベストポジションに設置することができるので安心です。

そして前述の通り照度はマックスで20000ルクス。

通常使用でも30cm離れた場所からで3500ルクスの明るさ。そして液晶が大きくバックライトが明るいので、視力が悪い人や老眼の方でも見やすく使いやすいですね。

安物買いの銭失い

光目覚まし時計は最近安いもので3000~4000円程度の商品から販売されています。

それに比べて『インティ4』などの人気商品は約3万円。

「高い……!」と驚かれることでしょう。

それなのに何故『インティ4』の方が売れているのでしょうか。その理由は、やはり圧倒的な機能性の差にあります。

安価な光目覚まし時計を買った人の口コミや感想を見ますと、やはり「明るさが足りなくて起きられなかった」「機能が働かなかった」というご意見が多いですね。

機能が働かないというのは、タッチパネルの反応が悪い、設定時間に作動しない、ボタンが押しづらい、充電持ちが悪い、などが挙げられています。

これでは普通のアラーム式の目覚まし時計のほうがしっかり働いてくれそうですよね。

3000~4000円程度の商品は、安いとはいっても無料ではありません。

安いものに飛びついて満足に使えず、買い直すことになっては結局その分高くついてしまいますよね。

商品を買う時は価格も大切ですが、それ以上にきちんと目的を果たしてくれるかどうか(機能性、耐久性、保証)というポイントのほうがもっと重要です。

安物買いの銭失いにならないようしっかり見極めて満足いくお買い物をしてくださいね。

さらに、インティ4が高いとお考えの方に朗報です。

インティ4は購入後3ヶ月の使用で効果が実感できなかった場合、なんと全額返金を完全保証してくれている商品なのです。

値段は少し高めですが、それだけ性能には自信があるということです。

眠りや寝起きに不満がある人は、是非一度光目覚ましインティ4をお試しください!

目覚め、生活リズム、力みなぎり光が変わる!?

楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは?

光目覚まし時計inti(インティ)公式サイト
をチェック。