光目覚まし時計がおすすめ

寝付きが悪く睡眠不足が続いてしまっている場合、あなたはどのような方法で改善しますか? 

深刻な睡眠不足の場合は病院へ行き、医師の処方で睡眠薬をいただいて改善治療をすることになるでしょう。

自己療法であれば市販の睡眠導入剤やサプリメントをドラッグストアなどで購入するという方法が主流です。

またあるアンケートでは寝酒で解消するという回答が大多数(第一位)でした。

薬のような副作用の心配がない

しかし服用する(体内に取り入れる)タイプの薬やサプリメントは副作用の面で不安がありますよね。

もちろん指示に従って正しく服用すれば身体への負担は少ないといいますが、頼り始めると効き目が薄れていって使用量が増えたり依存症になってしまったりする危険性も否めません。

また就寝前の飲酒でむりやり寝付くというのは身体によくありません。確かにお酒に含まれるアルコールは体温を下げて寝付きを良くしますが、睡眠の質を確実に低下させます。

飲酒すると約2~3時間後に『アルデヒド』『アセトアルデヒド』という物質が体内で生成されるのですが、このアルデヒドが人の眠りの質を大幅に低下させてしまうのです。

アルデヒドは交感神経を刺激しますし、一旦下げた体温をまた急速度に上げてしまうので寝苦しさを生み出してしまいます。

またアセトアルデヒドは、吐き気、血管拡張、心臓への負担などの悪影響を及ぼす有害な物質です。

寝酒で寝付いた翌日は、よく眠ってスッキリするどころか大量の寝汗や二日酔いなどの気分悪さが残っていませんか?

それはアルデヒドやアセトアルデヒドといったお酒が生み出す有害物質が原因なのです。

また飲酒で寝付く癖がついてしまうと慢性アルコール依存症になってしまう恐れもあります。

お酒にしても薬・サプリメントにしても、身体に『取り入れる』タイプのものは副作用や依存症の心配が拭えませんよね。

しかし『光目覚まし時計』なら、そういった心配もなく、日々安心して使用することができます。

光目覚まし時計は外から『光』を当てて目を覚ますのを促すだけですので、体内に副作用や有害物質を残しません。

それどころか毎日の使用で良い健康効果ももたらしてくれるのです。

体質を改善出来る

健康的な目覚めは朝日をしっかり浴びて幸福ホルモン『セロトニン』を日中の間に作り出し、そこから12~14時間経った夜には体内でそのセロトニンを使って睡眠ホルモン『メラトニン』を生成して良い睡眠を摂る。

その規則正しいリズムの繰り返しから生まれます。

光目覚まし時計はその原理を利用して、光を使って身体に負担なく目を覚まさせるタイプの画期的な目覚まし時計です。

現在主流なのは人工的に大きな音を立てるタイプの目覚まし時計ですが、これはあまり身体のためによい起き方ではありません。

大音量で起こされると瞬発的に驚くので起床することはできますが、びっくりした分だけ身体と精神(ストレス)に負荷がかかってしまいます。

それが毎日となると、蓄積して寝起きや体調にも影響を及ぼすようになっていくでしょう。

一日あたりでは少量のストレスでも、積もって大きくなっていくと危険です。もし毎日早寝早起きは心掛けているけれど疲労感が抜けないという人は、この無理やりな『起き方』に原因があるのかもしれません。

その点光目覚まし時計は自然にある太陽光をイメージさせる照らし方や明るさを再現する方法を用いています。

自然の摂理に逆らわない方法で、身体に優しく『朝を知らせる』のでスッキリと気分よく起きて活動することができるのです。

光目覚まし時計による目覚まし法は乱れた体内時計をリセットして、あなたの毎日の生活習慣を正しいリズムに導いてくれます。

その場しのぎの即効性だけではなく、根本的な体質改善も期待できるのです。

ランニングコストが安い

光目覚まし時計の売価は効果の高い人気商品であれば数万円程度します。

確かに導入コストとしては決して安くはありません。

しかし光目覚まし時計は一度購入してしまえば、ランニングコスト(電気代)は意外と安く済むのです。

特に人気の高い『インティsquare』などの光目覚まし時計は昼白色の高照度LEDライトを利用していますので、十分な明るさがあるのに消費電力は9wから15wと省エネ仕様。

『インティsquare』のLED対応期間は10万時間と表記されています。

これだけの寿命があれば、ライトを交換する必要もほとんどありませんね。

ちなみに家庭用の蛍光灯とLEDシーリングライトの電気代で比較しますと、年間でLEDシーリングライトの方が5000~6000円ほど安くなります。このことから見てもLED照明のお得度は一目瞭然ですね。

光目覚まし時計の消費電力を10wとして計算すると、一時間で0.24円(4時間使って1円以下)ほどしか電気代がかかりません。

電商品を選ぶ時は購入時の本体価格だけではなく、電気代などのランニングコストも重要ポイントになりますよね。

長い目で見ると半永久的に毎日使うことができてランニングコストも安く、同時に体質改善・健康も得られる光目覚まし時計の導入はお得なのではないでしょうか。

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)



光目覚まし時計