仕事や勉強、子育てなどに疲れていて、その疲れを取るために早く寝ているにも関わらず、どうも寝た気がしないという悩みを抱えている方はいませんか?

いわゆる、寝たのに寝た気がしないという現象です。

そこで今回はこういった悩みを抱える方のために、その原因と具体的な対策法について深掘りしていきたいと思います。

たくさん寝たのに寝た気がしない主な3つの原因

長時間寝たのに寝た気がしない、そんな状態に陥ってしまうのには主に以下の3つの原因があると考えられます。

原因1:朝起きた時にたくさんの太陽の光を浴びれていない

原因2:光がない暗い部屋で、二度寝や三度寝を繰り返している

原因3:目覚まし時計の音など外からの刺激を使って無理やり起きている

では、ひとつずつ原因について解説していきたいと思います。

自分自身はどれに当てはまっているのか確認しながら、読み進めてください。

朝起きて直ぐに、かつ十分な太陽の光を浴びていない

起床後、なるべく早く、そして十分な太陽の光を浴びていない生活を続けていると、長く寝たとしても寝た気がしない状況に陥ってしまうと言われています。

その理由が、体内時計(生体リズム)にあります。

実は人間というのは朝起きた後に太陽からの光を浴びることで、体内時計をリセットするように出来ています。

そしてその体内時計を毎日正しくリセットしてリズムを整えることが出来れば、自然と夜にしっかりと眠れ、朝にはスッキリと覚醒して目覚めることが出来るようになるのです。

ところが朝起きて直ぐに十分な量の太陽の光を浴びないと、体内時計が正しくリセットされなくなります。

そして体内時計が正しくリセットされず、乱れてしまうと朝になっても覚醒することが出来ず、結果として「寝た気がしない」と感じてしまうのです。

暗い部屋で二度寝を繰り返してしまっている

先程、体内時計が正しくリセットされずに乱れてしまうと寝た気がしないという状況を引き起こしてしまうと解説しましたが、実は現代の多くの人が持つとある習慣も体内時計を乱してしまう原因になることがあります。

その習慣とは「朝起きた後の二度寝・三度寝」です。

特に暗い部屋での二度寝は体内時計を大きく乱す原因とされています。

暗い部屋での二度寝や三度寝はたとえ数分という短い時間だったとしても、体の中では覚醒しなければいけないタイミングがどこかわからなくなってしまうからです。

簡単な時差ボケをイメージするとわかりやすいでしょう。

つまり二度寝することで体内時計が乱れてしまい、結局どれだけ寝ても寝た気がしないようになってしまうわけです。

ちなみに体内時計が乱れると朝起きても眠気が強く残ってしまうので、二度寝を繰り返すようになり、さらにその二度寝によって体内時計がより乱れてしまうという負のスパイラルに入ることもあるので注意が必要です。

目覚まし時計の音などで強制的に起きている

寝坊・遅刻をしないために多くの方は目覚まし時計をセットして、その音によって朝起きています。

しかし、実はこの目覚まし時計などの音で強制的に起きているという行為も寝た気がしない状況を引き起こす原因の1つなのです。

目覚まし時計などの音で自分の意志とは関係なしに強制的に起きてしまうと、ホラー映画などで急にびっくりした時と同じように交感神経が強く刺激されて、それが引き金となって自律神経が乱れてしまうことがあります。

そして実は自律神経が乱れてしまうと質の良い睡眠が取れなくなってしまい、それが長い時間寝たのに寝た気がしないと感じてしまうことにつながってしまうことがあるのです。

寝た気がしない!を解消するための対策法とは?

さて、ここまでは寝た気がしない状況に陥ってしまう原因について解説してきましたが、それではどのようにすればその原因をなくして毎日スッキリと起きられるようになれるのでしょうか。

実は答えはシンプルで、上記の原因で当てはまっていると考えられるものを1つ1つ改善していけば良いだけなのです。

そこでここからは具体的にどのように改善していけばよいのか、その方法論やポイントなどについて解説をしていきたいと思います。

自分の心当たりのある原因の改善法だけでも良いので、ぜひ一度チェックしてみてください。

起床後はなるべく早く、たくさん光を浴びるようにする

身支度や朝食などに時間をかけていて、朝起きた後に太陽の光を直ぐに浴びていないことに心当たりがある場合は、朝起きた後になるべく早く太陽の光を浴びるように心がけましょう。

例えば、朝起きたらまずは窓を開けて日光を浴びたり、一度外に出て太陽の光の下を歩いたりすれば良いのですね。

ちなみに朝起きた時に外に出たくないからと室内の照明やライトで代用しようと考える人も多いのですが、実は室内の通常の照明やライトでは代用にはならないのです。

なぜなら体内時計をリセットするためには2500ルクス以上の照度が必要なのですが、室内の照明などは平均して700ルクスほどしかないからです。(ちなみに朝の太陽の光は10000ルクスあります。)

そのため寝た気がしない状況を少しでも改善させたいのであれば、なるべく太陽の光を浴びるように心がけましょう。

出来るだけ二度寝はせずに光をを浴びる習慣を持つ

朝起きた時に眠たいからといって二度寝や三度寝を繰り返していると、先程も解説したように体内時計がどんどんと乱れてしまい、中々簡単には改善できないようになってしまう可能性があります。

ですので、二度寝などを頻繁しているということに心当たりがあるのなら、それは早く改善して、朝起きたら直ぐに起きて光を浴びるように取り組んでいきましょう。

体内時計が乱れているうちは直ぐに起きて光を浴びる、ということは難しいかもしれませんが、体内時計が整っていくにつれて楽に起きられるようになるはずですので、しばらくは頑張って続けてみるようにしてみてください。

目覚ましなどの音を使わずに、自発的に起きるようにする

目覚まし時計などの音で毎日強制的に起きていると自律神経が乱されてしまって、寝た気がしない状況に陥ってしまうことがあるのは先程も解説した通りです。

ただ実は目覚まし時計などで起きているとさらに疲れやすくなってしまうようにもなるというデメリットもあるのです。

ではどうすればよいのかというと、対策法は簡単で、なるべく目覚まし時計は使わずに朝日などを浴びることで自発的に起きるようにしていけば良いのですね。

ただ中には目覚まし時計をかけない、というのは怖くてできないという人もいるでしょう。

そういった場合には次にご紹介するちょっと変わった目覚ましを使うのを検討してみてください。

寝た気がしない人のために作られた特殊な目覚まし機器を活用するのもおすすめ

ここまでは寝た気がしない状況を改善するための具体的な方法についてご紹介してきましたが、上記の方法にはいくつかの問題もあるのです。

例えば、

・朝起きる時間に必ず太陽が出ているとは限らない。

・朝日を浴びて起きるようにすると、夏や冬で起きる時間が変わる。

・寝ている場所によっては窓からは朝日が入らない。

・夜勤などで起きる時間が日没以降である。

などの問題です。

もしあなたもこのような問題に困っているのであれば、光目覚まし時計、特に光目覚ましのパイオニア的存在の『インティ4』がおすすめです。

『inti4』は体内時計が乱れてしまっていることで、朝にスッキリと起きることができないという人のために開発された光目覚まし時計です。

この『インティ4』は朝起きたい時間をセットしておくと、高輝度のLEDが徐々に、しかも最大で朝日と同じ明るさまで明るくなっていくため、まるで朝日を浴びているように起きられるようになるのです。

そしてこの『inti4』を使い続ければ、体内時計が上手くリセットされていき、あなたを悩ませている「寝た気がしない」という状況を抜け出すことが出来るようにもなるのです。

実際、これまでにもこの『inti4』を使って睡眠が改善された人が多数しますし、その反響から様々なテレビや雑誌などに取り上げられている実績もあります。

今の眠りに納得いかないという方は、ぜひインティ4の公式サイト
をチェック下さい。