光目覚ましの効果

何故光で起きられるのか?

植物が光合成により身体に太陽光を取り込んで生きているという話はよく知られていますよね。

そして人間を含む動物は太陽光を感じると起きて活動しようとし、反対に周りが暗いと「夜だから寝よう(休もう)」という感覚が働きます。

このように『太陽光』が生物の生命や活動を司っているため、光を感じると起きることができるのです。

暗くなると眠くなり、朝に明るい太陽の光を浴びると目を覚ます。

この身体のメカニズムには、『セロトニン』と『メラトニン』という二つのホルモンの分泌が強く関係してくるのです。

このセロトニンとメラトニンについては次の項で詳しく説明いたします。

朝日を浴びると生活リズムが整う

暗くなっても寝付けない、明るくなっても頭がスッキリせず起きられない。そんな昼夜逆転の状態になっている人もいますよね。

それは朝に太陽光をしっかり浴びていないことによって、生活リズムが狂ってしまっているのかもしれません。

まず朝に太陽光を浴びると体内で『セロトニン』が分泌されます。セロトニンは人に安らぎを与える必要不可欠な神経伝達物質の一つです。

これが不足すると精神疾患(鬱・怒りっぽくなる、など)を引き起こす恐れがありますのでご注意ください。

セロトニンは『幸福ホルモン』と呼ばれ、ストレスや悩みを解消させて前向きにさせる効果もあります。

「漠然としたストレスや悩みで夜なかなか寝られない」という人がいますが、一度騙されたと思って朝日をしっかり浴びてみてください。

日中の目覚めが良くなって頭が働くようになり、夜に押し寄せていた不安感が嘘のようになくなるでしょう。

余談ですが、太陽の光を浴びると生成される物質はセロトニンだけではありません。骨を丈夫にして骨粗しょう症を予防する効果がある、ビタミンDも生成されるのです。

それだけではなくビタミンDは認知症予防やさまざまなガンの発症リスクの低下などにも効果を発揮すると注目されています。

朝日を浴びるとセロトニンやビタミンDなどが分泌され、人の身体と精神を健やかにしてくれるのですね。

朝のセロトニン量とビタミンD量を増やすために、早起きをすることもおすすめします。

ちなみに朝に太陽を浴びる時間は30分以上がベストです。いつもより30分早起きして早めに出発すれば、ウォーキング(散歩)をする余裕が生まれます。

そうすると朝日浴と運動の両方の効果が得られますので一石二鳥です。

反対に夜分泌されるホルモンが『メラトニン』です。

メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれ、眠気を誘発する役割があります。人の身体をしっかり休ませてくれる健康に不可欠なホルモンなのですね。

実は朝のセロトニン不足は、睡眠とメラトニンの不足にも密接に繋がっているのですよ。

メラトニンは、朝セロトニンが分泌されてから約14~16時間後(おおよそ夜21時から23時頃)に分泌され始めます。

メラトニンはセロトニンをエネルギー原料として使うのですが、その原材料が少なければ当然メラトニンも作り出せませんよね。そしてお互いが欠乏していくというループ状態となります。

そんな悪循環に陥らないためにはまず朝日をしっかり浴びて幸福ホルモン・セロトニンを作り出し、朝はセロトニン、夜はメラトニンをしっかり作り出す身体と生活のリズムへ整えていきましょう。

夜の寝付きが良くなる

前項で朝日をしっかり浴びるとセロトニンが分泌され、夜にはそのセロトニンを使ってメラトニンが作られるというお話をしましたね。

ということは朝日を浴びてしっかりセロトニンを作ると、その分夜の寝付きを良くする睡眠ホルモン・メラトニンの分泌量も増やせるというわけです。

夜の寝付きを良くするためには、まず一日の始まりに朝日をしっかり浴びて活動の準備をして、日中はなるべく身体を動かすように心がけましょう。

もし夜型の生活が続いていてなかなか生活リズムが戻らないという方は、まず朝日浴から始めてみてはいかがでしょうか。

いきなり「運動しなければ!」と思いつめると気が重くなりますが、起床時にカーテンを開けて太陽光を浴びるだけなら簡単ですよね。

それによって体内時計が本来のリズムにリセットされれば、自ずと身体も動くようになってきます。

そして就寝前はスマホなどのモバイル端末の使用は避けてください。スマホからは青色の光(ブルーライト)を発光していますが、これを就寝2時間前までに浴びてしまうとメラトニン量が20%減少するという研究結果が出ています。

どうしても就寝前にスマホを使わなければいけないときは短時間で切り上げる、ブルーライトカット眼鏡やフィルターを使用するなど少しでも目に入るブルーライト量を減らすように工夫してくださいね。

朝は自然の太陽光で目を覚まし、朝日を浴びてセロトニンを作り出して活動する。

そして夜にはしっかり睡眠ホルモン・メラトニンを分泌して眠りに就く。

このようにして健康的な生活リズム循環を毎日作り出していくことが、あなたの夜の寝つきを良くするのです。

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)



光目覚まし時計