光目覚まし時計と体内時計

朝早く起きるのは得意ですか?

朝、目覚まし時計が鳴っているにも関わらずなかなか目が覚めなかったり、アラームを何度も止めてしまったり、目が覚めてもなかなか体が起きなくて辛い経験をしている人も多いのではないでしょうか。

朝が苦手な人にとって、平日仕事や学校に行く前のこの時間が一日のうちで一番嫌いな時間かもしれません。

朝スッキリ目が覚めないのは、睡眠の質が悪く一日の疲れがしっかりと取れないままになっているからです。

夜眠れない、そして朝起きられないのは体内時計の乱れが関係しています。

睡眠と体内時計の関係

では睡眠に大きく関係する体内時計とは一体どんなものなのでしょうか?

体内時計とは生物が生まれながらに備えている時間を測定する体のしくみのこと。

現代人は時計が示す時間を見て、現在が一日のどのあたりにいるかを把握しますが昔の人は違いました。

電気も時計もない太古、人々は野生動物のように自分の体内に備わっている体内時計と太陽の位置など自然の物を通して時間を感じて生きていました。

朝明るくなると目を覚まし、夜暗くなると眠りにつくという具合です。

現代の日本社会で太陽の位置を見て生活している人はいません。

しかし体内時計は今でも、一日の生活リズムを整えるために信号を発し続けています。

そしてこの体内時計はメラトニンという睡眠ホルモンに働きかけ、眠りと覚醒をコントロールするという大きな役割を果たしているのです。

体内時計が乱れる原因

それでは、なぜ体内時計が乱れるのかを考えてみましょう?

日中に明るい日差しが差し込み、夜はどこもかしこも闇に覆われ行動が制御されていた昔と違い、現在は24時間活動できる便利な社会となりました。

しかし同時に生活リズムも崩れやすくなっています。

高いビルが立ち並ぶオフィス街では太陽の日差しを浴びる機会は減ったでしょうし、賑やかな繁華街では深夜まで明かりがともり、朝まで好きなことをして楽しめ世の中です。

深夜まで活動して、朝寝てお昼過ぎまで布団の中というような夜型生活は体内時計を狂わせる原因となり、さらに現代人の睡眠時間は短くなりつつあります。

そしてこのような生活を続ければ、体内時計を整えるために必要な条件を満たさなくなり、体内時計が狂う原因になります。

体内時計を整えるには?

では体内時計を整えるにはどうすればよいのでしょうか?

体内時計の乱れを整えるには何よりもまず、規則正しい生活リズムが重要です。

例えば

「起きる時間を一定にする」

「朝食を毎日食べる」

「夜は決まった時間に寝る」などがあげられます。

その中でも特に重要なのが「朝、光を浴びる」ということです。

朝、光を浴びると脳にある体内時計の針が進みます。そして体内時計がリセットされて活動状態であると体が理解します。

つまり体内時計は強い光に反応し覚醒と睡眠をコントロールしているということになります。

このように体内時計と光に密接な関係性があることから、体内時計を整える目的で「光目覚まし時計」の注目度が高まってきているのです。

光目覚まし時計って?

光目覚まし時計」はその名の通り音ではなく光を使い起こしてくれる目覚まし時計です。

目覚まし時計といえば従来までは「音」で起こすものが一般的でしたが、こちらは「光」を使うという斬新なアイデア商品です。

光目覚ましは起きる時間にタイマーセットし、朝、その時間になると太陽光に近い強い光を放ちます。

光をまぶたに浴び、朝が来たことを脳が感じ取ると体内時計がリセットされ身体に「起きろ」と指令を出します。

生まれつき体に備わっている体内時計というシステムに働きかけるため、アラームで起きた時のような疲労感やボンヤリ目が覚めない感覚になることすくなく、良い気持ちでシャキッと目覚める準備をすることができるのです。

また光目覚ましは「起きるための道具」という役割以外に体内時計を整えることにも一役買っています。

体内時計を整えるために必要な条件は「光」です。

それが朝日であれば言うことなしですが、まだ日が昇らない時間から働くこともある忙しい現代人にとって毎朝「太陽の光」を丁度良い時間に浴びるのは至難の業です。

また寝室がビルの陰になっていると、カーテンを開けても強い光が入ってこないこともあります。

このように太陽光を浴びにくい生活環境の人でも体内時計を改善するのに役立つのが「光目覚まし」です。

私たち人間は太陽光をコントロールすることはできませんが、「太陽光に近い、強い光」をコントロールすることは可能です。

毎日決まった時間に光目覚ましによる強い光を浴びることで、体内時計を整えましょう。

乱れた体内時計を整えることで、「朝起きられなくて辛い」「何度も二度寝してしまう」「夜なかなか眠りにつけない」「睡眠の質が悪く日中も眠い」などの症状を緩和されます。

今は朝が苦手だという人も、光目覚まし時計で体内時計を調整していけば、早起きが得意になれるかもしれません。

目覚め、生活リズム、力みなぎり光が変わる!?

楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは?

光目覚まし時計inti(インティ)公式サイト
をチェック。