Aくん

フジテレビの「めざましテレビ」や日テレの「スッキリ」で取り上げられてた「光目覚まし時計」って知ってる?

Bくん

名前の通り、光を使って起きる目覚まし時計のことでしょう?
inti SQUARE(インティスクエア)」なら私も使ってるよ。

Aくん

日経トレンディやAERAなどの雑誌でも取り上げられてたけど、本当に効果あるのかな?
二度寝してしまって遅刻ギリギリの毎日。大事な会議ある日は、朝起きれるか不安で夜寝るのが怖いんだけど…

Bくん

その気持ちよくわかるよ。私も朝起きるのがとても苦痛だったのだけど、この光目覚まし時計を使ってから毎朝スッキリ起きれているよ。
なんでも80%以上の人が効果ありとレビューしているよ。

Aくん

でもそれって20%の人は効果ないってことだよね?
せっかく購入しても効果ないのでは、お金がもったいないな…

Bくん

確かに効果は個人差があるみたいだね。
でも安心して大丈夫だよ。3ヶ月毎日使って効果なければ全額返金制度があるからね。

Aくん

おお!それなら安心して購入できるね。

Bくん

そうなんだよね。
では私が使っている光目覚まし時計「インティスクエア」が何でおすすめなのか、簡潔に解説していくね。

理想的な寝覚め

光目覚まし時計はなぜ優れているのでしょうか?

その答えは、理想的な目覚めのメカニズムを知ることでわかると思います。

では理想的な目覚めについてみていきましょう。

理想的な目覚め・・・とは、「朝日により目覚める」ことです。

朝日を浴びることで、体内では良質な目覚めを導く「セロトニン」が増加して、眠気の原因となる「メラトニン」が減少する現象が起きます。

セロトニンが増加することが、スッキリとした目覚めにつながるのです。

なおこのセロトニンは太陽光や強い光を浴びることで生成されますが、セロトニンが生成される最も適した時間は朝とされています。

ですから朝日を浴びて起きることが、理想的な目覚めになるのです。

しかし、毎日欠かすことなく朝日を浴びることは不可能です。

なぜなら天候が悪い日もあれば日当たりの悪い部屋もあるからです。

ではどうすれば?

目覚めとセロトニンの関係にあるように、このセロトニンは朝日の代わりになる強い光でも生成されます。

つまり「光目覚まし時計」があれば、天候や住環境に影響されずに、光を浴びて目覚めることができるのです。

そこでオススメするのが…

inti SQUARE「インティスクエア」です。すこ~しお値段は高いのですが、朝起きるが苦手な方は必見です。

Bくん

このように朝日や光で目覚めるのが理想な目覚めになるのさ。

Aくん

なるほど!だから光目覚まし時計が理にかなっているわけだね!

Cくん

ひとつ注意が必要だよ。
良質な目覚めに欠かせないセロトニンの分泌を活性化するには、光であればなんでも良いというわけではないのだよ。
ある一定以上の強さの光が必要なのさ。
そしてこの基準となるが2500ルクス以上なのだ。
ちなみ結構かなり明るいと感じるオフィスの照明でも1000ルクス、さらに明るいと感じるコンビニの照明でさえ1500ルクスしかないのだ。
このように日常生活で2500ルクス以上の照度となるとなかなかハードルが高いのがわかるな。

危険な起き方してませんか?

スッキリ起きられずに2度寝してしまい、遅刻ギリギリで満足に朝食も取れずに家を出る・・・。

朝起きるのが苦手な人によくあるシーンではないでしょうか。

ここでひとつ質問です。

毎朝、どのような起き方をしていますか?

多くの方は、目覚まし時計やスマホのアラームなど、音を使った方法ではにでしょうか。

また朝起きるのが苦手な人は、たくさんの目覚まし時計を使っているケースもあるでしょう。

しかしこの方法は体に悪影響を与えかねないのはご存じでしょうか?

なぜなら大音量で強制的に起こされる状況は、体の緊張につながり、この緊張により交感神経を活発にしてしまうのです。

そして交感神経とはストレスや緊張を感じたときに心身を活発にするものですから、この方法での目覚めは決して好ましいものではないことは明らかでしょう。

Cくん

大量の目覚ましや大音量のスマホなでで目覚めることは、体に負担をかけているのだな。
理想的な目覚めは、しっかりと光を浴びることで、セロトニンを分泌させて無理なく脳を覚醒することなのだ。
「目覚めるという行為」は毎日行なう自然の行為だからこそ、体に負担をかけない方法がベストなのだな。

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)



光目覚まし時計